電話 〒381-1233 長野県長野市松代町清野1744-1 (MAP) 

治療家プロフィール

welcome.jpg

人生一度、身体一つ。日々笑顔

治療家 永登 雅和(ながと まさかず)

氏名:永登 雅和(ながと まさかず)

職業:頭痛治療家

血液型:A型

趣味:読書、バイク、ギター、Mr.children、沖縄

特技:人が気持ちよくなる合いの手、ライブカラオケ

資格
・保育士

タイ政府公認資格
・タイ古式マッサージ プロフェッショナル
・妊婦・ベビーマッサージ
・産後ケア
・チネイザン(腸デトックス)
・カルサイネイザン(生殖器系)インストラクター
 
その他資格
・DRTセミナー受講証明書

小林 真奈己(こばやし まなみ)

氏名:小林 真奈己(こばやし まなみ)

職業:頭痛治療家、看護師

血液型:B型

趣味:陶器、家事、寝る

特技:食べたらすぐ寝れる、バレー

その他:元片頭痛持ち

資格
・看護師

【タイ政府公認資格】
・タイ古式マッサージ プロフェッショナル
・妊婦、ベビーマッサージ
・産後ケア
・チネイザン(腸デトックス)
・カルサイネイザン(生殖器系)ティーチャー

【その他保有資格】
・AEAJ ナチュラルビューティースタイリスト

旅の途中で出逢った女性のお願い

僕たちが治療家を目指すことになった原点が、一人の女性との出逢いでした。
私たちは、以前一年間オーストラリアで過ごしていました。
その時、一台の小さな車で外周1万6千キロ程あるオーストラリア一周をしていました。
その日もいつものように無料で泊まれるキャンプ場を探して、ナビを使って着いた先が一軒の小さなバーの駐車場でした。
バーのオーナーに話したところ、店の裏なら車を止めて泊ってもいいとの許可をもらいました。
お礼を言いにいくと「飲んでいくか??」とオーナー。少しならと、カウンターに座ると、他にもカウンターには、5名ほどのお客さんが居ました。
地元客が集まる田舎町のバーという感じで、とても落ち着いた雰囲気。
私たちの席から一つ空いた席の隣には、中年の男女が楽し気にお酒を飲んでいました。
田舎町のオージーは、めずらしいアジア人の男女に興味津々で、色々と話しかけてきてくれました。徐々に話も弾んできた時のことでした。
頭痛治療家になるまでのストーリー
頭痛治療家になるまでのストーリー
頭痛治療家になるまでのストーリー

中年の女性:「お願いがあるの…」
私たち:「どうしたの?」
中年の女性:「肩が痛くて辛いの。マッサージをしてくれないかな?」
私たち:「え?僕たちはマッサージできないよ。」
中年の女性:「それでもいいからやってほしい」

 

そんな彼女の願いに、私たちはできる限りのことをしました。

腕や肩、手の平など、揉んであげました。
誰でもできるような簡単なマッサージを痛みが楽になってほしいと願いマッサージをしました。

終わった直後、中年の女性は満面の笑顔で

「本当に楽になったわ。本当にありがとう。」

と言い、車で宿泊する私たちのためにバーの二階にある宿の一室を予約してくれました。

お世辞にもうまいとは言えないマッサージで痛みが和らぎ、笑顔なった女性に私たちは幸福感でいっぱいになりました。

頭痛治療家になるまでのストーリー
頭痛治療家になるまでのストーリー

そうだ。タイへいこう!!

私たちは、人を癒して笑顔になれることがしたい。と思いました。
私たちは、保育士と看護師であったこともあり、赤ちゃんや幼児、そして、お母さんたちを少しでも癒すために、妊産婦ケアやベビーケアのマッサージの資格が取れる場所はないかと考えました。

「そうだ。タイへいこう」

そこから色々と学べる場所を探し、見つけたのがタイのチェンマイにあるオンタイマッサージスクールでした。

一か月間休まず授業をいれて、妊産婦ケアやベビーケアを始め、チネイザンという腸内デトックスマッサージやカルサイネイザンという不妊治療や性力アップ、卵子や精子の活性化、EDなどに特化した生殖器系のマッサージの資格などを習得しました。

治療技術だけでなく、人の体の構造の奥深さ、難しさ、楽しさ。また、精神面でも人を想う心、自分を信じる心、すべてに感謝する心も教えてもらうことができました。
現役で活躍する世界中の治療家やセラピストさんとの出会いにも大きな刺激をいただきました。

頭痛治療家になるまでのストーリー

頭痛が治る?!日比塾との出会い

オーストラリア、タイと渡り、セラピストへの転身を考えていたのも束の間、日本に帰ってきた私たちは、日々の生活に追われ、いつの間にか「人を癒して笑顔にしたい」という想いが、薄れてしまっていました。

そんな日々の中で、いつかは開業したいと思いながら、整体の技術などを調べていた時、「頭痛治療家」という文字が目に飛び込んできました。

サイトを見ていくと、「病院でも薬でも治らなかった頭痛が治った」「20年も頭痛だったのに頭痛がない」という実際の声がいくつもありました。正直、目を疑いました。

なぜ、こんなにも頭痛のキーワードが引っかかったのか、それは、真奈己先生がひどい頭痛持ちでした。
オーストラリアの時も、タイの時も、頻繁に頭痛で苦しんでいました。吐き気もあり、寝込んでしまうことも多々ありました。
それを救えるかもしれない。そんな思いで、無料体験会に参加しました。

初めて施術を受けた時、優しいタッチに本当に効果があるか疑いました。
でも、頭痛を持つ彼女は、痛みの出るポイントを的確に施術され、今までとは何かが違うことを感じました。

私たちは、入塾を決意しました。

「人を癒して笑顔にしたい」から

「頭痛に悩む人を治して、人生を変えたい」
願いができました。

頭痛治療家になるまでのストーリー頭痛治療家になるまでのストーリー
頭痛治療家になるまでのストーリー

頭痛のあなたは、本当に辛い思いをしています。
家族にも理解されなくて、痛みの辛さだけでなく、精神的にも辛い思いをしている方もいます。
また、頭痛の悩みに多くの時間とお金を使ってきたかと思います。

人生は一度きり、体は一つだからこそ、頭痛に悩んでいる時間がもったいないです。
頭痛が根本からなくなることで、あなたの人生を謳歌するために時間とお金を使ってほしい
頭痛が当たり前の人生から、頭痛がないことが当たり前の人生にしたい。と、頭痛治療家になるために一生懸命学びました。

頭痛で苦しんでいる方が、

私たちの施術をうけて、頭痛がなくなっていく姿、

その笑顔は、オーストラリアでマッサージをした原点の女性を思い出します。

私たちが、頭痛で本気で悩むあなたの希望になります。
一人じゃありません。一緒に治していきましょう。

雑誌「セラピスト」「からだにいいこと」に、当院の治療技術の「日だまりショット」が掲載されました!

雑誌「セラピスト」「からだにいいこと」に、当院の治療技術の「日だまりショット」が掲載されました!

日だまりショットのDVDが販売されています。

医療情報研究所より1月5日頭痛治療DVDが発売されます。

通信中です...しばらくお待ち下さい
LINE友達追加